東京吉祥寺 ランチ グルメ 竹爐山房 (チクロサンボウ)

 

東京吉祥寺 ランチ グルメ 竹爐山房 (チクロサンボウ)

P1060708.JPG

東京吉祥寺ランチグルメ 竹爐山房

  吉祥寺の井の頭通りを三鷹方面に向かっていって、ローソンの隣に、竹爐山房 (チクロサンボウ)があります。
 高級中華、創作中華のたたずまいを見せている入り口です。中に入るとお香の香りがしていて、とても綺麗なお店です。
 竹爐山房 (チクロサンボウ)と聞くと、昔、料理の鉄人に千歳烏山の広味坊のシェフがでて、鉄人に勝ちましたが、そのシェフは独立前に竹爐山房 (チクロサンボウ)でシェフをしていたということでも有名です。 
数年前に、家族でディナーを食べましたが、とってもおいしかったです。今回は初ランチに挑戦です。

P1060715.JPG

ランチメニューからとりもも肉と野菜の炒め物950円

  色々あるランチメニューの中から、鶏肉の何とか炒めをたのみました。
結構ボリュームもあって、当然、味は一ひねりふたひねりあって、高級中華のランチを堪能できます。
 色々吉祥寺の中華はありますが、手ごろな値段でランチが食べれて、お店も綺麗で高級感があるというのは竹爐山房 (チクロサンボウ)が一番なのではないでしょうか?

P1060716.JPGP1060718.JPGP1060711.JPGP1060713.JPG



 スープも普通の中華スープとはちがいました。高級な味がします。中にはのりがはいっていて、他では食べられないスープです。
メインの鶏肉の炒め物もいい味で、そこいらの中華料理屋ではでてこないこった炒め物です。 
 ここのお店もおいしくて有名なので、ランチは主婦の人がたくさん来ていました。

P1060720.JPGP1060721.JPGP1060709.JPGP1060714.JPG



 ザーサイは普通のザーサイですが、なんか違う感じもします。
隣は、じゃことナッツのいためものです。特段感動するものではないですが、こちらで食べるとおいしく感じます。
 千歳烏山の広味坊に通ずるおいしさがあります。しかし、こちらのほうが高級感で保守的な感じがします。こちらが気に入っているひとは一度烏山の広味坊にいかれると、新たな感動が味わえると思います

営業時間

営業時間 11:30~14:00 17:30~21:30

定休日 水曜日

住所

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-8 モミジビル B1F

電話番号

0422-23-3363